top of page
  • 執筆者の写真坂口弘行

共通テスト対策について

いくら対策をしても共通テストの点数が思うように伸びてこないという方、勉強法をほんの少しだけ見直してみてください。


※ 良くない方法の典型例

時間を計って過去問などを解く

⇒ 丸付けをして点数をつける

⇒ 解き終わらなかったところ、間違えたところを解説を見て直す


この方法のどこに間違いがあるか、おわかりでしょうか。

高得点を取る方法は一つ、「限られた時間で多くの問題を解く」だけです。

当たり前のことですが、解けない問題を早く解く方法などありません。

この方法では、解けなかった問題を自力で解いていないのでなかなか点数は伸びません。

つまりは、全ての問題を最後まで必ず解くことで効果は変わります。


まずは、二倍近い時間をかけても良いので全問を完答してみましょう。

その時間を徐々に短縮していくイメージを持って練習を重ねてみてください。

きっとすぐに効果が出てきます。


閲覧数:311回0件のコメント

最新記事

すべて表示

事実

2025年受験の高卒コースの募集を開始しました。 新課程に変わることへの不安があり浪人を避けようとする方、再来年より始まる3人兄弟以上の家庭向け大学授業料無償化があり、あえて受験を一年遅らせる方、今年は人それぞれに事情が違うと思います。 受験結果に満足できず浪人しようか進学しようか悩んでいる、そういった相談が少なからずあります。これは、何のために大学に行くのか、その疑問とも関連してきます。 将来の

2024年共通テスト

今週末に共通テストが行われます。 正月に能登半島で大きな地震があり、想定外の形で受験を迎えてしまう方もおられるかとは思います。無事に行われることをただ祈ります。 受験生の皆様へ、注意点を一つだけ 「初日終了時に、絶対に答え合わせをしないこと」 これは良く言われることですが、なぜでしょうか。 理由は簡単です。利点が何もありません。もしも答え合わせをし、 想定した点数よりも低かった場合、どうしますか?

2025年度入試、大丈夫ですか?

2025年度の入学試験(現高校2年生からが対象)から、変更点がいくつかあります。 例えば、共通テスト(数学)は以下のように変更となります。 ・数学ⅡBC からの出題、時間は70分に変更 ベクトル、統計的推測、数列、複素数平面、から二問を選択 必須問題は変わらず ・数学ⅠA 選択問題なし、 数学と人間の活動(旧整数の性質)は出題されず 統計的推測は、データの分析の発展内容です。国公立2次試験、私立の

Comentarios


bottom of page