• 坂口弘行

地域の実績、2021年度クラス開講について

今年の飯田下伊那地域の高校から、大学への進学実績は、過去最低といっても過言ではない、そのくらい落ち込んだ結果でした。なぜこのようなことになったのでしょうか。


今年卒業した飯田市の高校生は、高1→高2→高3と学年が上がるに従って全国模試での学校の平均点がだんだん下がっていきました。この傾向は毎年みられるものですが、特に今年は下がり方が顕著でした。


これらは、我々を含めた教育者全員にすべての責任があります。

事実を真摯に受け止め、改善しなければなりません。


飯田には、いわばダイヤの原石のような生徒が数多くいます。

これは、首都圏の生徒と比べてもそのように感じます。

原石が磨かれず光らない理由は私が思うところで二つあります。


1 勉強の質が低い

2 勉強量が少ない


双方に共通するのは、最小限の労力で結果を得る、そのような勉強をする生徒が多いというところです。指導者全員が、もっと考えさせる、もっと勉強をさせる、そのためにどうするのか、何をするのか、本気で考えなければなりません。


今年の飯田予備校の実績はとても良かったと、生徒が評価をしてくれています。

ただ、我々とすればもっとできた、もっとやれた、そう感じることが多々あります。

自分自身の成長がとまったとき、それは指導者をやめなければいけないときです。

講師としても人としても成長し続けることが我々教育者の使命と心得ます。



今年の飯田予備校高卒生、高校生コース、飯田塾中学生コースはすべて4/3(土)に開講いたします。すべての生徒一人一人の将来のためにスタッフ一同、尽力する所存です。


I's school 飯田予備校 飯田塾











閲覧数:726回0件のコメント

最新記事

すべて表示

I's school 飯田予備校では、1月より新学年講座がスタートします。 それに伴い、以下の説明会を開催します。 日時 11/23(水、勤労感謝の日)15:00~16:00 場所 I's school 飯田予備校飯田塾1F 内容 ①新学年授業について ②いますべき勉強法(英語、数学、物理、化学) 各教科、担当講師よりレクチャーがあります。 高校2年生は1月から受験生生活がスタートします。その過ご

夏休みはどのような過ごし方をされましたか。 勉強、班活、趣味、色々な意味で有意義な時間を過ごせる人が多いです。 その反動か、二学期が始まると気力を喪失する人がとても多いです。 特に顕著なのが高校1年生です。この時期に授業で生徒に向かって 「死んだ魚の目をしている」 と言ったことが何度もあります。飯田に限った話ではありません。 東京でも、神奈川でも、千葉でも、埼玉でも、栃木でも同じことを言いました。

飯田にいても成績は伸びない 都会に行って勉強すれば成績が伸びる 飯田に来て初めてこの言葉を耳にしたとき、「バスケ部に入れば背が伸びる」というような冗談を言っているのだと思って聞いていました。 ですが、本気でこのように考えている方が大勢いる、だんだんとそれがわかってきました。 20年以上、東京で受験生の指導をしてきたからわかります。 こんなのはただのまやかし、幻想です。 都会で勉強をしたことがない、