• 坂口弘行

2020年最後のセンター試験から

新年度の入試改革は、全国の受験生、教育機関に大きな混乱を与え続けています。結局大して変わらないのか、どのようなところに落ち着くのか、今なお不安を抱える新受験生も多いでしょう。


今年のセンター試験では様々な教科でこれまでとは違う傾向がありました。特に数学では過去に類似した問題が無いものが出題され、手が止まってしまった方も多かったと思われます。今年のセンター試験は最後のセンター試験でしたが、共通テストへの流れをつくったものとも捉えられます。第0回共通テストと認識しても良いでしょう。


問題を分析してみると、次年度に向けて色々なメッセージが込められていると感じます。過去に出題されていない問題が出題されたということは、次年度以降も真新しい問題を出題してくる可能性があります。今年のセンター試験の中で、私が個人的にすごく気になった問題がありました。


・数学ⅡB第三問(4)、一般項を3で割った余りを求める


過去にはnを余りで分類して一般項を求める問題はありましたが、ここまで直接的に整数との融合問題を出題したのには驚きました。ⅠAとⅡBの敷居をまたぐ問題は敬遠され続けてきましたが、次年度は2次試験では定番の(確率、整数)+漸化式の類も出題するというメッセージのように感じます。


どのような問題が出てくるか、対策の難しいところではありますが、それは全国の受験生が平等に抱える不安です。捉え方を変えれば真の実力を備えている受験生が極めて優位な状況になりうるとも言えます。短期間で対策が打てないからこそきちんとした日々の学習がとても大切です。


飯田塾 代表 坂口弘行



閲覧数:98回0件のコメント

最新記事

すべて表示

I's school 飯田予備校では、1月より新学年講座がスタートします。 それに伴い、以下の説明会を開催します。 日時 11/23(水、勤労感謝の日)15:00~16:00 場所 I's school 飯田予備校飯田塾1F 内容 ①新学年授業について ②いますべき勉強法(英語、数学、物理、化学) 各教科、担当講師よりレクチャーがあります。 高校2年生は1月から受験生生活がスタートします。その過ご

夏休みはどのような過ごし方をされましたか。 勉強、班活、趣味、色々な意味で有意義な時間を過ごせる人が多いです。 その反動か、二学期が始まると気力を喪失する人がとても多いです。 特に顕著なのが高校1年生です。この時期に授業で生徒に向かって 「死んだ魚の目をしている」 と言ったことが何度もあります。飯田に限った話ではありません。 東京でも、神奈川でも、千葉でも、埼玉でも、栃木でも同じことを言いました。

飯田にいても成績は伸びない 都会に行って勉強すれば成績が伸びる 飯田に来て初めてこの言葉を耳にしたとき、「バスケ部に入れば背が伸びる」というような冗談を言っているのだと思って聞いていました。 ですが、本気でこのように考えている方が大勢いる、だんだんとそれがわかってきました。 20年以上、東京で受験生の指導をしてきたからわかります。 こんなのはただのまやかし、幻想です。 都会で勉強をしたことがない、