• 坂口弘行

苦言

今年1月に、飯田市の高校では全国模試が行われました。

結果を見て唖然、高校2年生、高校全体の平均点が全国の平均点を

はるかに下回っていました。本当に開いた口が塞がりませんでした。


進学校としての立ち位置そのものが危ぶまれるこの結果、

部外者であることは百も承知の上、あえて「苦言」を呈します。


先月、高校では定期テストが行われましたが、こんなことを耳にしました。

「試験直前、問題集の答えを上から順番通りに暗唱している生徒があちらこちらにいる」

問題集から設問も数字も変えずに出題するため、これで点数がとれてしまうとのことです。


わからないけれど解ける、点数を取れる、こんなことには何の意味もありません。

こんなのは時間の無駄です。こんなものはカンニング行為に等しいです。

日頃よりコツコツと問題集をこなしている人より、解答を丸暗記している人のほうが

点数が高くなる、だから仕方なく覚える、塾の生徒がこんなことを言っていました。


勉強をしなくても点数が取れるようなテストをつくるほうもつくるほうですが

それをいいことにまるで勉強しない生徒もいかがなものか。

近年、大学入試では暗記よりも思考重視のテストが増えています。

暗記か思考か、こんなものはそれ以前の問題です。次元が低すぎます。

地域のトップ校としてのプライドはないのか、疑問に思います。







閲覧数:610回0件のコメント

最新記事

すべて表示

I's school 飯田予備校では、1月より新学年講座がスタートします。 それに伴い、以下の説明会を開催します。 日時 11/23(水、勤労感謝の日)15:00~16:00 場所 I's school 飯田予備校飯田塾1F 内容 ①新学年授業について ②いますべき勉強法(英語、数学、物理、化学) 各教科、担当講師よりレクチャーがあります。 高校2年生は1月から受験生生活がスタートします。その過ご

夏休みはどのような過ごし方をされましたか。 勉強、班活、趣味、色々な意味で有意義な時間を過ごせる人が多いです。 その反動か、二学期が始まると気力を喪失する人がとても多いです。 特に顕著なのが高校1年生です。この時期に授業で生徒に向かって 「死んだ魚の目をしている」 と言ったことが何度もあります。飯田に限った話ではありません。 東京でも、神奈川でも、千葉でも、埼玉でも、栃木でも同じことを言いました。

飯田にいても成績は伸びない 都会に行って勉強すれば成績が伸びる 飯田に来て初めてこの言葉を耳にしたとき、「バスケ部に入れば背が伸びる」というような冗談を言っているのだと思って聞いていました。 ですが、本気でこのように考えている方が大勢いる、だんだんとそれがわかってきました。 20年以上、東京で受験生の指導をしてきたからわかります。 こんなのはただのまやかし、幻想です。 都会で勉強をしたことがない、